『魂となり逢える日まで』の2回目が、新潮社「フォーサイト」に載りました。

東日本大震災のわが子らを亡くした遺族のそれからをたどり、終わりなき悲しみ苦しみの8年をどう生きてきたかをお伝えするシリーズ『魂となり逢える日まで』の2回目が、新潮社「フォーサイト」に載りました。絶望の淵で自らも死を思った母親を救ったのは、「また逢える」という言葉でした。