津波遺族の8年の思いを「フォーサイト」で連載始めました。

  「魂となり逢える日まで」という連載を、新潮社「フォーサイト」で始めさせていただきました。訪ねるのは、東日本大震災でわが子らを亡くした遺族たちの「あの日」と8年後のいま。お立ち寄りください。
 時を超えて終わらぬ痛み、風化の現実から置き去りにされる思い、生きるための救いとは何か―。震災以来、取材の縁を重ねた当事者の言葉を、原点に戻ってお伝えしていけましたら。(当面週1回、それから随時で1年を考えます)
 震災から10年目になる来年は「復興五輪」? どこの世界のことだろうと被災地からは感じられてなりません。