WTO敗訴と三陸のホヤの命運ーを巡る記事が、新潮社「フォーサイト」に載りました!

 三陸の被災地の復興にも暗雲が立ち込めています。東日本8県の水産物を韓国が輸入禁止とし、WTOの場で日本が敗訴した問題。大消費地だった韓国の市場復活が遠のいたホヤを、これからどうするか。
 養殖に明日の希望を託した漁師たちは戸惑います。この深刻な危機に、「ホヤをもっと食べよう、食べてもらおう」ーという新規開拓の機運も地元で広がっています。
 ローカルで実はグローバル。そんなホヤのことをもっと知っていただけたら。震災以来、縁を重ねる石巻・牡鹿半島の漁師・阿部誠二さん、塩釜の「ほやほや屋」主人・佐藤文行さんを取材。東北のローカルジャーナリストとしての初仕事になります。新潮社「フォーサイト」にお立ち寄りください。